うつでもタカラヅカ!

うつ病治療中のヅカファンが書く雑記ブログ。一期一会が面白い。

赤ちゃんに癒されながらも思い詰めてしまった

いとこに子どもが産まれたので会いに行ってきました。

新生児を抱っこするとか久々過ぎて盛大にテンパる(←)

そして生まれて初めて赤ちゃんに

ミルクをあげることになってさらにテンパる(爆)

 

小さくて儚い命に尊さを感じました。

 

平和だなー(´ー`)

 

きっとこういうのを人は「幸せ」と呼ぶんだろうな。

 

もちろん目に見えない部分で大変なこと、苦労もあるのだろうけど、

少なくとも私の目に見える範囲では幸せそうだった。

 

いとこに対しては祝福の気持ちが大半を占めている。

けど、

対する自分は、と考えると心に暗い影を落としてしまう。

 

親族が集まると決まって話題になるのは

女の宿命とも呼ぶべき結婚、出産についてである。

 

 

「婚活とかしないの?」

「結婚についてどう考えてるの?」

 

 

私は4月から専門学校に行くことを決めています。

うつ病になって人生やり直し計画を実行に移し、

「人生1回」を合言葉にして、

どんなことがあっても自分で納得のいく人生を生きる、

ブレずにいたいと心から思っていました。

 

でも、いざこのテンプレ文章を突きつけられると、

 

自分にとっての「幸せ」ってなんなのだろうか?

学校に行く道は果たして正解なのだろうか?

強がっているだけじゃないか?

 

と、心に揺さぶりがかかってしまった。

 

きっと、予測できない未来を目の前にして

怖気づいているのかもしれない。

うつ病になったことにコンプレックスを抱いているのも確かで。

 

 

もっと強くなりたい。

 

 

弱々しい自分、みじめな自分はもうたくさんだ。

 

 

このモヤモヤを解決するには

自信とスキルを身につけるしかないのでしょう。

 

 

なんか、赤ちゃんに会いに行っただけなのに

すごく疲れてしまった。

(嬉しかったし、癒されたけどね。)

 

 

 

明日は通院日。早く寝よう。(´ー`)