うつでもタカラヅカ!

うつ病治療中のヅカファンが書く雑記ブログ。一期一会が面白い。

うつは熱いうちに打て?

今日、本屋に立ち寄って

漫画コーナーをぶらぶらしていたら

心療内科を題材にした漫画がありました。

 

お、こんな漫画があるのか!と思って

背表紙を眺めていたら目に入ってきたワード。

 

「うつは熱いうちに打て」

 

中身はフィルムがかかっていて読めませんでしたが、

早めに対処しましょうという意味合いなのでしょう。

 

ここでふと思ってしまった。

 

 

もし熱いうちに打てなかったら?

 

 

決してこの漫画を批判するわけでもなく。(中身未読)

ふとよぎった感情だけ書きたい。

(あくまで背表紙をみただけ)

 

 

いつから発症していたのかわからない。

病院に行ったのが早い段階だったのかもわからない。

うつ病になった人は大半がそうじゃないのかな?

 

私は熱いうちに打てたのか。

いや、仮に熱いうちに打てていたとしても

すでに長期戦の渦中にいる私にとっては

考えること自体無意味な気がしています。

 

薬を一生飲み続けることになるかもしれない。

寛解と呼ばれるものにはなれても完全治癒はほぼ不可能。

それがうつ病。

 

 

この諦めモードに自分でもびっくりしたというか、

ひとつ自分の中で達観した瞬間というか。

 

そんな甘いもんじゃないんだよ、うつはよぉ(。-`ω-)

 

って、

なぜかケンカ腰な感情が降って湧いてきた(爆)

 

だからどうなのって話なのですが(爆)

 

少しは強くなれたってこと?(´ー`)(ちょっとよくわからない)