うつでもタカラヅカ!

うつ病治療中のヅカファンが書く雑記ブログ。一期一会が面白い。

観劇と遠征へ行くことに関して@批判覚悟

※批判覚悟の記事です。

言いたいことを述べています。ちょっと感情任せです(爆)

多角的に物事をみれていない、偏った考えかもしれません。

もしかしたらお目汚しになるかもしません。

 ・・・そんな内容公開するなよって感じですが(爆)

 ご興味のある方だけどうぞ↓

 

 

 

 

 

 

母が職場で、

宝塚観劇に行くことに関して注意喚起されたらしい。

ほんとに行くの?的な感じで。

 

 

ほほう。

 

 

どうやら職場の同僚の旦那さんがコロナに感染したようで、

職場全体もピリピリしているから、

もし行ってもおみやげとかも買ってこないほうがいいと。

 

 

ほほう。

 

 

まぁ、そりゃそうだよね。

何もおかしくはないご意見だと思う。

ましてや身近な人がかかって

自分のすぐ近くにコロナが来ていて

いよいよやばいみたいな状況にあるわけですから。

言いたいことはわかるし、否定もしません。

 

 

でも、私も母も

観劇はやめないと思う。

 

 

それは、劇団を応援したい気持ちがあるから。

 

 

ただ観たいだけでしょ。

私利私欲のための身勝手な行動だ、自粛しろ。

と他人は言うかもしれないけど、

仮に劇団が経営困難に陥って

もう一生舞台をこの目でみることができなくなったとしたら、

私は観劇に行かなかったことを一生後悔すると思う。

 

舞台の幕が上がっている限り観に行く。

それじゃダメですか?

 

開催する側も感染予防対策を万全にしている。

エンターテインメントの灯を消さないようにと

毎日命がけで必死こいて運営している。

 

そこに少しでもお金を落としたいと思うことは

いけないことでしょうか?

 

もし感染したら…

そんなの覚悟の上です。

こちとら息苦しいと思いながらマスク何重にも装着して

喋りたい気持ちも抑えてひと言も発さず

アルコールスプレー持ち歩いて

手荒れまくっても除菌シートで念入りにふき取り作業をしているわけで。

(まぁそんなの知るかって話ですが。)

 

周りの人間が迷惑するっていう人もいるけど、

そんなの仕方がないじゃないですか。コロナなんだから。

予防対策しても何もかもダメっていうなら

日本の経済全部止めるしかないでしょう。

そうなったらもう、自分の範疇ではどうにもできない話になります。

 

 

ツイッターであるつぶやきを見かけました。

 

「観劇、遠征を諦めた人もいるのに申し訳ないと思わないでほしい。人にはそれぞれの状況がある。行けなかった人の分も楽しんで舞台人に元気をあげてきてほしい。」

 

こうつぶやいてくれる人がいるだけ、

まだ捨てたもんじゃないな、世の中。と思います。

 

私は自分が観劇できる環境にあるならば

観続けます。

 

コロナのバカヤロー(暴言