うつでもタカラヅカ!

うつ病治療中のヅカファンが書く雑記ブログ。一期一会が面白い。

【雪組】fff/シルクロード 観劇感想

f:id:chakomaru15ichie:20210108210733j:plain
f:id:chakomaru15ichie:20210108210736j:plain

大劇場遠征を無事に終えて

横浜に戻ってきました。

 

 『fff-フォルティッシッシモ』

とても味わい深い作品でした。

ベートーヴェンの人柄がどうのこうのという話ではなく、

不幸をパワーに替えて

いかにして曲を作りあげていったのか、

人間の持つ生き抜くチカラとはなんなのかということを

ベートーヴェンの生き様になぞらえて提起している

そんな作品でした。

非常に抽象的というか、精神性というか、哲学的な

エリザベートでいうトート閣下みたいな、

いわゆる「概念」がキャラクター化されているので

観る者は思慮深さが必要になる。

ストーリーを追ったら多分ダメなんだと思う。

 

ぶっちゃけ、一回目の観劇は

「???!!('ω')」みたいな感じでしたよ(←)

頭が良過ぎるんです、脚本が。

(そういうウエクミ感がたまらなく好きなんですが)

考えるより感じろ

という一筋縄ではいきません。

「あれはなんだったのか・・・」

考えることから逃れられない、そんな作品。

いわゆるスルメ系に近いのかもしれない。

でもトップコンビ退団公演だし、チケット難だし、

スルメはずっと噛み続けられないのが現実。

なので

1回の観劇のみあるいは数回しか観られないという方は

「人間の生きるチカラとはなんなのか」

というテーマ、視点を持って観劇にのぞむといいかと思います。

 

東京でももちろん観たいので、

チケット取り、ガンバリマス(´ー`)

 

『シルクロード』

ザ・アラビアンといった感じでした。

生田先生攻めたなぁ。

わりと好みが分かれるショーのような気もします。

ストーリー性が強いところは

芝居を描いてきた生田先生ならではの構成だなと。

第一印象は

歌って踊ってアゲアゲの

極彩色のインド映画みたいだなって思った(爆)

プログラムの解説がまた生田先生色満載で

非常に読み応えがあります(笑)

ってかあんなシーンやこんなシーンがあって

生田先生の性癖が盛大にさらされていて

なんだかこちらが恥ずかしくなったけど(大爆)

それをやってる望海さんはかっこいいので

そこで全て丸く収まるw

 

サヨナラ公演色は全体的に薄めな印象。

燕尾とかデュエットはあるけど

このショーに無理くりねじ込んだ感があって

個人的にこの点は微妙でした。

ここはストーリーとは離れて

単独の場面として楽しむ、サヨナラに浸るのが正解かな。

 

とりあえず盗賊姿の望海さんがプロローグから

カッコよすぎる(黒い衣装が好み)

そして

生田先生→→→望海さん

の→が強すぎるので(笑)

とりあえず先生ありがとうって感じ(←)

 

 まとめ

個人的には芝居、ショーともに

もっとサヨナラ感強めのものが観たかったというのがありますが、

とにかく雪組がまとまっていて

みんな生き生きとしているので、

こんな状況の中でそれが観れること自体に

感謝の気持ちでいっぱい、満足。

 

観劇できたことをありがたく思いながら

日々感謝、日々是精進していきたいと思います(´ー`)