うつでもタカラヅカ!

うつ病治療中のヅカファンが書く雑記ブログ。一期一会が面白い。

生きることの意味 死ぬことの答え

 いのちって何だろうか

ジムのランニングマシンで

無心で走っているときだった。

マシンに備付けのテレビにニュース速報のテロップ。

 

その訃報を知った時、

思考回路が一瞬にして止まった。

ランニングマシンに足を持っていかれそうになったので、

走るのを切り上げて息を整えた。

 

 

どうしてだ…なんでなんだ……

 

 

衝撃という言葉以外に置き換わるものがあるだろうか。

 

 

テレビ界にも、ミュージカル界においても

大切な人だった。

彼の舞台を観れなかったことが

人生における後悔のひとつになってしまった。

 

自ら命を絶った彼の気持ち、本意は

彼以外誰にもわからない。

 

 

私はうつ病の初期症状で

希死念慮に近いものがあった。

 

誰も知らない遠くへ行きたい。

この世から消えてしまいたい。

この苦しみから逃れられたらどれだけ楽になれるだろうか。

 

そんなことを思いながら

死を考えるたびに胸が苦しくなったのを覚えている。

 

だから彼の気持ちがわかる。だなんて決して言えないけれど。

 

 

辛かっただろうに…苦しかっただろうに…。

 

 

残される人のことを考えたら…とか、

仕事もたくさんあって順風満帆なのに何が不満なんだとか、

仕事に対して無責任だとか、

この事実に対して思うことは人それぞれでしょう。

 

でも、彼のつらさ、苦しみは彼だけのものであって。

 

 

本当につらいと

周りの人間、状況なんて考えられないのが人間の姿。

 

人間、本当の意味で痛みを分かち合うなんてことは

もしかしたらできないのかもしれない。

 

希望とか未来とか

苦しみを前にしたら無意味なんだ。

 

 

私は死を選ばなかった。

選ぶ勇気も覚悟もなかった。

 

 

彼は勇敢に闘った。

生と死と向き合って、答えを出した。

 

今はただ、その勇姿を讃え、

冥福を祈るばかり。

深い悲しみと涙とショックと共に…。