うつでもタカラヅカ!

うつ病治療中のヅカファンが書く雑記ブログ。一期一会が面白い。

精神障害者保健福祉手帳について考えてみた

 申請すべきかすまいか

精神障害者保険福祉手帳、

いわゆる障害者手帳の申請手続きを

しようかしまいか迷っています。

 

医療費が1割負担になる

自立支援医療制度は利用しているのですが、

障害者手帳の交付手続きはしていません。

 

自分が障害者と認めること。

 

ほんとに正直な話、

このハードルを越えられていません。

 

自分が精神疾患を抱えることについては

精神科を受診した時点ですでに覚悟していたというか、

そこはすんなり受け入れられたのですよ。

認めざるを得ないくらい

追い詰められていたと思うし。

 

でも、いざ手帳交付ということになると

自分の社会的立場そのものが

根本から変わってしまうような気がしているというかなんというか。

(※障害者を差別するという意図は全くありません)

 

障害者手帳を持つことで

さまざまな支援を受けられたり、

就職に関しても障害者枠の雇用に応募する権利が得られるので

メリットはあると思うのですが。

 

どうにも踏ん切りがつかない。

 

…そう思っているうちは申請しない方がいいんでしょうけど。

 

なぜだろう。

自分でもよくわからない複雑な感情。

 

障害を背負って生きていく覚悟がないからかな。

 

自分の口から「私は精神障害者です」ということに対して

恥じらいがあるのかな。

 

…恥じらいってなんぞや。

 

 

もし手帳を持っている方で

この記事を読まれて不快に思われたらすみません…。

 

正直な胸の内を残すことにしているのであしからず…。

 

 

どうしたらいいのだろう。

 

通院日に先生に相談てみようと思ったりもしますが、

それを相談すること自体、第一のハードルだな(-_-;)

すごくデリケートな話になりそうだ。

 

悩むくらいならやめておけって話ですが。

 

誰かに背中を押されたい気分です(´ー`)