うつでもタカラヅカ!

うつ病治療中のヅカファンが書く雑記ブログ。一期一会が面白い。

引きの強さ

 人が集まってくる

先日見つけた散歩コース内の憩いの場(読書できそうな場所)

に早速座って、少々風が冷たい中で本を読んでいたところ

なぜか同じように近くに座り始める人々がぽつぽつ。

おにぎりを食べだしたり、お茶を飲み始めたりして、

完全にピクニックの場と化した

 

ここ一週間くらいでひとっこ一人として座っていなかったのに。

ベンチなどがあるわけでもない場所なのに。

まるで読書を試みる私を阻害するかのように

人が集まり始めた。

結局読書は途中で切り上げた。

 

私は昔からこういうことがけっこうある。

そのほかにも↓

 ほぼ9割の確率で改札機に引っかかる

混雑時、改札をまともに通れるのは10回に1回くらい

大げさに聞こえるかもしれないけど、うそじゃない。マジです!(必死)

前を通る人がチャージ不足やら何かしらで引っかかり、

その後ろについてる私の足は止められる。

「またかよ…フッ(-ω-)…」と、

あまりの回数の多さにもはや笑いが出るレベルである。

 店が混みだす

自分が店に入った時点ではガラガラだった店内も

なぜか急に混みだす

お店の人に

「あなたたちが入ってくれたおかげでたくさん人が来たわ~!

 きっかけを作ってくれてありがとう!」

などとお礼を言われたこともあるくらい。

 

レジに並ぶ時も、誰もいなかったのに

ふと振り返ったら自分の後ろに長蛇の列が!なんてこともザラ。

 やっかいなトラブルにあたる

仕事をしていた時、

毎日その日自分が取り掛かる仕事を

くじ引きで決めるという謎ルールがあったのだが、

訂正箇所が多い仕事を毎回引いてしまうのが私である。

もはやくじ引き=罰ゲームである。

フタを開けてみたら、それはそれは複雑なトラブルが起きていて、

複雑怪奇な難問を解き明かす謎解きゲームが始まる。

「臨機応変」という能力を

できれば使いたくないというスタンスで生きている身には

拷問のような毎日であった。

 

 

そういうホシの元に生まれたとでもいうのだろうか。

それとも自意識過剰なだけ?

にしても、である。

 

この引きの強さが天性の才能というのであれば、

たまには宝くじなど一発引き当ててほしいものである(´ー`)(強欲)