うつでもタカラヅカ!

うつ病治療中のヅカファンが書く雑記ブログ。一期一会が面白い。

家族の理解は得られないのか

 過眠への理解は難しい

今宵は病みブログです…。

 

うつ病を発症して半年が経ちますが、

いまだに日中の過眠と夜の不眠に

悩まされています。

 

私が眠いと口にするたびに

 

「薬のせいじゃないのか?

もう何ヶ月も飲んでるのになぜ?

薬が合ってないんじゃない?」

 

と母親に言われる。

 

わかったようなこと言わないでくれ。

 

と、眠いと口にしたことを後悔しながら、

「どうしたもんかね」と返して

その場を凌いでいるのだけど、

内心は泣きそうになりながら、

理解されないという寂しさと

悔しい気持ちとを沈めようと

ふるふる震えながら耐えている。

 

たったひと言ふた言に傷ついて、

真に受けて、考え、落ち込んでしまう。

 

寛解を目指しているわけだけど、

いよいよほんとに

「一人で戦わないといけない病気」

なんだなと改めて思い知らされる。

 

「理解してほしい」と

期待しなければ済む話だけど。

病状を説明したところで、

所詮自分のことではないから、

家族でも他人事のように

説明内容を忘れ去られる。

 

でも、時々

この孤独な戦いを誰かにわかってほしい

と思ってしまう私は自分勝手で惨めだ。

弱い。弱すぎる。

 

がんじがらめでこの苦しい気持ちは

誰かに寄り添ってもらえたら

楽になるのかな。

 

情緒不安定な自分にも疲れてしまう。

もっとドッシリ構えられたらいいのに。

 

気分が落ちてる時は

まともな考えに及ばない。

 

宝塚観劇の予定も全ておじゃんになってしまったし、

何か癒されるものを探したい(´ー`)