うつでもタカラヅカ!

うつ病治療中のヅカファンが書く雑記ブログ。一期一会が面白い。

神奈川のソウルヌードル!サンマー麺


f:id:chakomaru15ichie:20200225165108j:image

 あんかけ熱々!野菜シャキシャキ!

神奈川県のソウル麺、サンマーメンが好きです。

 

横浜に住んでいると「かながわサンマーメン」と書かれたのぼりをお店の前に掲げているラーメン屋さんをけっこう見かけます。

 

すごく前に、地方に住んでいる知り合いとラーメンの話になった時に、私がふと「サンマーメン美味しんだよなぁ」と何気なく言ったら「ナニソレ???」と返ってきたのがきっかけで全国にあるものではないのだと初めて知りました(´ー`)

 

そもそもサンマー麺とは↓

サンマー麺とは?

サンマー麺は戦前当時、調理人達のまかない料理で、とろみを付けた肉そばが原形になったと言われています。 神奈川県横浜市中区の中華料理店から戦後(昭和22~23年頃)発祥したと云われおよそ60余年の歴史があります。醤油味がベースのスープに具は肉・もやし・白菜、その季節に有る具にあんをかけた簡単なものでした。しかし当時ではラーメンよりボリュームがあり美味しく、あんがかかっているので寒い季節は温まって元気が出てくることから徐々に商品化されお店にも並ぶようになってきたのです。

 

サンマー麺の語源は?

サンマーメンと言うと「秋刀魚が乗っているラーメン?」と思っている人も事実いますが、サンマーメンは漢字で「生馬麺」と書きます。「生=サン 馬=マー」は広東語の読み方で、調理法もやや甘めの広東料理に属しています。 生馬麺の意味は。生(サン)は「新鮮でしゃきしゃきした」と言う意味。 馬(マー)は「上に載せる」と言う意味があります。つまり新鮮な野菜や肉をサッと 炒めてしゃきしゃき感の有る具を麺の上に載せることから名付けられたと伝われているのです。

 

サンマーメンの定義は?

実は確定された定義はありません。事実上に載せる具も お店によって様々であり、使用する基本調味料も醤油味の店と塩味の店が存在します。更に分類すると、スープも載せるあんかけの具も醤油味の店と、スープは醤油 具は塩味と言う店、また両方塩味と言う店もまれですが有ります。(発祥当時はスープも具も醤油味でした)しかし少なくても「肉ともやしや白菜を使用し、野菜はシャキッと手早く炒め、必ずとろみを付けてコクのある具に仕上げる事」は共通しているようです。

 

参照:神奈川県中華料理業生活衛生同業組合 かながわサンマー麺の会http://www.sannma-men.com/origin.html 

 

 町中華でもレベルが高くておいしいよ

名店と呼ばれる中華料理屋さんにもメニューとしてあったりしますが、個人的には地元の町の中華屋さん(油で年季の入ったお店ともうしますか(笑))のサンマー麺がけっこう好きだったりします。

 

あんかけのベースの味も、野菜の種類もお店によって本当に違います。食べ比べも楽しみのひとつかもしれません。個人的にはきくらげが入っているとポイントは高いです(´ー`)w(きくらげ好き)

 

しばらく食べてないので、食べに行こうかなぁ(´ー`)