うつでもタカラヅカ!

好きなものを好きなだけ。一期一会が面白い。

【うつ病】料理が効果的?からの人生論

  うつには料理がいい?

冬季うつについての記事が

目に入ってきたので読んでみました。

 

東洋経済オンラインより↓

https://toyokeizai.net/articles/-/332579

 

結論、

 

季節性のうつ含め、うつ病には料理がいい

 

とのこと。

 

「料理は、触覚、味覚、嗅覚など五感をすべて使うので、よい刺激を脳に与えてくれます。」

 

 

なるほど。良さそう!

 

 

でもね、

ほんとにうつが酷い時は料理という名の作業はできない

んだよね(苦笑)

 

私はそうでした。

(今はゆっくりながら少しはできるようになりましたが。)

 

まず買い物に行けない。

手順を考えられない。

そして、体力がない。

 

脳を刺激する以前の問題がある

わけであります。

いや、

この記事をディスる気は全くないのですが(´ー`)w

 

ここからが書きたいポイント。

 

  人生は料理だ

大学の時の先生がある授業で

「演劇は料理に似ている」

と言っていた。

(ちなみに私は学生時代、演劇学をかじっておりました)

 

素材(役者)があって、味付け、調理法(演出)があって、食べる人(観客)がいる。

 

これは人生も同じことで、自分という素材があって、

(ときに他人という素材、家族という素材も加わる)

生きる道、環境をどう味付けして(ときに新たな調味料が入ったり)

調理して(ときに斬新なアレンジも入ったり)

死ぬときに、結果

こんな料理ができました

と自分に食べてもらう。

 

「美味しい料理が出来上がるといいね。」

 

 

単純な理論のようだけど、

私はこの時の先生の言葉を今でもたまに思い出す。

 

味付けがイマイチで、失敗もあるけど、また作り直せばいい。

 

精神疾患になって、よりこの言葉の意味が染み渡る。

 

人生なんて料理みたいなもんだよね!

って、軽〜く考えて

のんびりいきたいものです。

 

通院帰りに、冬季うつの記事を読んで、

料理からなぜか人生論に行きつき(笑)

帰宅の途につきました(´ー`)