うつでもタカラヅカ!

好きなものを好きなだけ。一期一会が面白い。

【うつ病】その5、治療開始から2ヶ月

治療開始から2ヶ月

少し食欲が戻ってきた!(やったぁ)

ほんとに、ほんとにほんの少しだけ、

本来の自分に戻ってきたことを実感できた

のは大きかった。

 

しかし、やっぱり食べると疲れる症状は変わらず。 

何口か食べて休憩してまた食べて…

食べるってこんなに体力がいることだったのか(汗)

 と痛感する毎日…。

 自覚症状は?

身体的↓

・眠い

・だるい

・すぐに疲れてしまう

・ごはん、休憩しないと食べられない!

・疲労感がひどい

・動きが遅い、反応が鈍い

・夜眠いけど眠れない。寝つきが悪い

・過眠状態(昼間)

・早期覚醒(朝方4時くらいに目が覚める。

 そこからまた眠れなくなる。)

・身体が重たい

・疲労感で座っていられない。

 ずっと横になっていたい。

 

 思考的↓

・やる気が起きない

・ぼんやり

・焦燥感

・どうしようもない、

 根拠のない不安感に襲われる

・運動しなきゃと思いつつ、

 そんな元気も気力もない

・憂鬱感(特に夕方以降)

・疲労を感じるとネガティブ思考になる

・集中力低下

・忘れっぽい

 

 つらかったことは?

とりわけつらかったこと↓

1、疲労感

とにもかくにも、何もしてなくても疲れる。

寝ても疲れる。どうすりゃいいんだ状態。

 

2、早期覚醒

夜中3時あるいは朝方4時~5時に

必ず一度目が覚め、そこから眠れない…。

それでさらに疲労感増。

眠れないってツラい。

 

3、過眠状態(昼間)

昼間はなにやっても眠い。

脳が休みたがっているのか、

疲労感を常に感じているからか、

とにかくNE・MU・I☆(←)

 

 担当医から言われたことは?

・まだまだゆっくりしましょ~

・3ヶ月を目安にもう一段階上にいければいいかな

 と思ってるから、何事も焦らずに

・よくなるまでに不安に襲われることはよくある

・悪い方向には行ってないから大丈夫

・元気になってくれば必ず転機が訪れるから!

・少しずつ活動量を増やせればいいかな

・しんどいのはわかるから、

 薬で調整して凌いでいきましょう

 

 治療のためにしたことは?

1、食事

引き続きタンパク質とバナナを取ることを心がけました。

あとはアイスやちょっとした甘いものも取ることに

「動いてないし、太る一方だ・・・」

と節制していましたが、

我慢のし過ぎも脳によくないなと思い解禁。(甘)

(もちろん食べすぎは良くないので、たしなむ程度に。)

 

2、行動

1ヶ月目に引き続き、ほぼ寝て過ごしてました。

ただ、朝一度起きてしっかりご飯を食べるというルーティン

を作って、それを守ることは心がけていました。

(ダメな日は何やっても起きれなかったりしたのですが、

そんな日は無理はしないようにして、

朝起きられなかった→ダメだ

ではなく、

朝起きられなかった→すっかり寝込んじゃったよ!あはは~

くらいに思うようにも心がけていました。

…あくまで心がけね。実際は

罪悪感を感じて落ち込むこと多し(爆))

 

あとは、運動する気力がない代わりに

申し訳なさ程度にストレッチ。筋トレは無理でした(汗

 

 薬の効果のほどは?

ちょっっっっっとだけ効いてきた?(気がする)

1ヶ月目よりか、ほんのちょっとだけ(1ミクロンくらいw)

良くなった気がする。

 

それは食欲が戻ってきたから。

 

2週間毎の通院で、

種類を変えずに薬の用量を増やしてみたり、

ひとつ種類を追加してみたり…

先生と相談&試行錯誤…。 

とにかく、試してみないとわからないのが抗うつ薬。

(言葉にすると怖いですね、なんか。)

 

正直、すごく効いてる!という実感がなかったので、

食欲が戻ってきたのも、

単に仕事を休んで休養する時間ができた

ということが大きかったのではないかと思っています。 

 

しかし、昼間はとにかく眠い。

けど、早期覚醒という謎現象。

休職する前にも朝方に一回目が覚めるということが

多々あったので、その名残かしら?とも思ったり。

(起きなきゃ!という強迫観念?)

  

入眠剤の種類も変えてもらい、寝入りはよくなったものの

夜中or早朝に目が覚めるのはあまり変わらず(爆)

そして日中が眠い…エンドレス☆(←)

 

 まとめ

少し症状が少なくなったものの、

やはり身体的にも気分的にも波があり、

一進一退といったところでしょうか。

 

 精神科の先生の口癖は

「焦らずのんびりいきましょうよ」

です。

 

一日中一人で時間を過ごしていると、

おのずと自分を見つめなおしたり、

もやもやと考え込んでしまいます。

自分が社会復帰できないのではという不安と、

すっかり自信をなくしている自分を

見つめる、目の当たりにする、実感するというのは

つらいし、今思うと苦だったなぁと思うのですが、

(何度も言いますが、渦中にいるときの自分は

「苦」という感情すらない。

 ただモヤモヤしていただけ…。)

 

その度に先生の言葉を思い出すのでした。