うつでもタカラヅカ!

うつ病治療中のヅカファンが書く雑記ブログ。一期一会が面白い。

【うつ病】その1、うつ病なのになぜブログを始めたのか?

 管理人の病気について

今回はこのブログのタイトル

「うつでもタカラヅカ!」に由来する事柄を書こうと思います。

 

私は2019年秋に精神疾患であるうつ病(抑うつ状態)を発症しました。

(正確にはいつから発症していたかは不明。診断されたのが秋だった)

ということで、発症してまだ数か月です。今なお治療継続中です。

 

うつ病とは…

眠れない、食欲がない、一日中気分が落ち込んでいる、何をしても楽しめないといったことが続いている場合、うつ病の可能性があります。うつ病は、精神的ストレスや身体的ストレスが重なることなど、様々な理由から脳の機能障害が起きている状態です。脳がうまく働いてくれないので、ものの見方が否定的になり、自分がダメな人間だと感じてしまいます。そのため普段なら乗り越えられるストレスも、よりつらく感じられるという、悪循環が起きてきます。
薬による治療とあわせて、認知行動療法も、うつ病に効果が高いことがわかってきています。早めに治療を始めるほど、回復も早いといわれていますので、無理せず早めに専門機関に相談すること、そしてゆっくり休養をとることが大切です。

↑厚生労働省HPより

https://www.mhlw.go.jp/kokoro/know/disease_depressive.html

 

というわけで、基本的には脳の病気、と言われています。

私の場合、早期発見だったので、重症という部類ではないのですが、

今なお休養第一、無理は禁物ということで

治療真っ最中の段階にあります。 

 

 治療の一環としてのブログ運営

「治療中なのにブログなんてやってる場合?」

 

とツッコミが入りそうですが、

自分としては治療の一環という位置づけでこのブログを始めました。

 

今こうして文章を書けるくらいまでのやる気が出てきた

ということと、

寛解に向けて元気な状態になってきている

ということで、

何かに集中して気を紛らわせられることを始めたい

と思うようになりました。

 

また、なぜ「ブログ」というツールを選択したのか。

それは

病気の影響で健忘症(忘れっぽい)が表れていたから

です。

ブログなら記録として残しておける

そして

「書くこと」が元来好きであった(文才はないが)

というすごく安易な発想から選びました(笑)

 

だったら日記を書けばいいのでは?

ということになりますが、

ブログは

文章を構成して、他人が読んでわかるようにまとめる

というプロセスがあるので、

 脳みそをほどよく鍛えるのにいいかなと、

これまた安易な理由で選択した次第です(笑)

 

 実際ブログ始めてどうなの?

集中して没頭できることができて、

鬱屈した状態になることは少なくなってきたかなと思います!

 

治療開始当初は文章を書くなんてことすらできず、

ましてや読書や映画を一本通しで観るなんてこともできませんでした。

なので、こうして書くという作業ができること自体が

自分にとって奇跡というか。

続けていきたいなって思っています。

 

ただ、やはりひとつの記事を書くのに

ものすごく労力を使うので、

書いた後はけっこう疲労感を感じます。

(症状についてはまた順を追って書きますが、

うつ病は脳のエネルギーが低下している状態なので、

通常の人より疲れやすいのです)

 

すぐ眠くなってしまったりするのですが、

今のところ楽しくできていると思うので、

焦らず、無理せず、マイペースを保ちつつ

継続していけたらいいなと思っています。