うつでもタカラヅカ!

好きなものを好きなだけ。一期一会が面白い。

宝塚の魅力-衣装-

シックなものからド派手なものまで

 はてなブログに投稿しました #はてなブログ

宝塚といえば

・豪華でスパンコールきらきらの超ド派手

・男役の黒燕尾服

・大きな羽を背負って階段を降りてくる

といった印象があるのではないでしょうか。

 

この印象にプラスして、こちらも音楽同様広いキャパシティをもって

丹精込めてひとつひとつの衣装が作られています。

お芝居でいえばシックなスーツ、軍服、中華服やマフィアなど、

和物でいえば袴、着物、庶民平民、武士、貧乏侍、裃、

それぞれの時代考証がきちんと反映された衣装が

作品を彩ります

ショーでは総スパンコールが装飾されたスーツや

ラテン系の大きなフリフリ袖がついたもの、

オリエンタルな露出の高めなもの、

海賊や盗賊をイメージしたもの、マリンルックや各国の祭りの衣装などなど

それぞれのショーのテーマに合わせた衣装で

世界観を作ります

 

 大羽根

トップスターだけが背負う大羽根は20~30㎏あると言われています。

デザインも真っ白なものから装飾がついたものまで、

こちらもショーのテーマに合わせて作られます。

ただ、トップスター以外にも2番手羽根、3番手羽根や、全員が付ける背負い羽根もあります。ショーによって羽根の使われ方もさまざまなので

そちらも観ていて楽しめるポイントです